MENU

CLOSE

フィナステリドの上位互換ともいわれる成分デュタステリドとは

フィナステリドの上位互換ともいわれる成分デュタステリドとは

122views

カテゴリ:AGA薄毛治療について

フィナステリドより強力な効果があるデュタステリド

f4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s

2種類の5αリダクターゼを抑制する薬

男性の薄毛の原因のほとんどがAGAの発症で、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンへと変化し、そのジヒドロテストステロンが発毛を阻害してしまう性質を持っているために毛の量が減ってしまうことにあります。

本来であれば男性ホルモンは男性らしい肉体作りや心身のバランスを取るために必要となるものですが、還元酵素である5αリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンに変ってしまうことで、頭髪のヘアサイクルを乱して脱毛を促進する性質を持つようになってしまうのです。

AGAの治療は、まずジヒドロテストステロンを作り出す原因となる5αリダクターゼの活動を阻害するところから始まります。その効果が期待できる薬としてAGAクリニックでよく用いられてきたのがフィナステリドという成分ですが、中にはフィナステリドを使っても脱毛を抑制できないケースもあり万能ではありません。

その理由が、5αリダクターゼが1型と2型の2種類があり、フィナステリドは2型のものにしか効果を発揮しないことでした。そこで2つの型どちらにも効果があることで注目されることになったのがデュタステリドです。

フィナステリド同様に前立腺肥大症の治療薬として作られたもので、5αリダクターゼの阻害をポイントとして開発されたものです。そのためAGAへの治療効果も期待できることに着目されて、実際に1型と2型どちらの働きも抑制する作用が試用試験でも見られたことから、薄毛治療にも用いられるようになりました。

フィナステリドの効きが悪かった人に有効

体質によっては先天的にフィナステリドの効きが悪いタイプもいますが、そんなかたでも5αリダクターゼの活動抑制のために効果が期待できるのがデュタステリドです。薬の感受性については遺伝子検査などで調べることが可能で、これまで治療のためにフィナステリドの効果が期待できなかった場合でもデュタステリドでアプローチできるようになります。

また、フィナステリドに比べると薬の効果の持続力が上です、摂取後に血中の濃度が下がるまで時間がかかるため、使用量を控えることができるというメリットもあります。薬の費用自体はそう違いがないため、薬の量を減らせることで治療費も抑えることが可能です。

強力な効果とともに気をつけておくこと

f2a541850ef8b7221a78142af8adc82a_s

フィナステリドと似たような副作用

デュタステリドは育毛効果の高い治療薬ですが、副作用を起こす可能性もありますので使用には慎重になる必要があります。

  • 性欲の減退
  • 勃起不全
  • 乳首の痛みや腫れ

必ず医師の処方の下で安全に利用するようにしてください。用法用量を守って摂取することで重篤な問題が出る危険性は低くなるとされていますが、リスクがないわけではありませんので理解した上で摂取することが大切です。

また、子どもや女性全般、肝機能に問題のある人は使用することができません。特に女性の場合は摂取のみならず、皮膚接触も避ける必要があります。

使用し続けなければならない

AGA治療薬は長期間使用することで徐々に効果が表れてくるもので、即効性はありません。デュタステリドはとても優秀な治療薬ではありますが、効果が高い分身体への作用や副作用のリスクも高いため、身体の変化に常に気をつけながら摂取し続ける必要があります。

また、どんな薬にもいえますが、少しずつ薬になれ始めると効果も薄れてきてしまい、さらに量を増やしたり強い薬に移行しなければなりません。使用を中止した後に頭髪が元の状態に戻ってしまう可能性もあるというリスクもあります。

治療薬を使用する際には薬に頼りっぱなしにならずに生活習慣や食事の内容を見直すなど、薄毛の進行を妨げるためにトータルケアを行っていくことが大切です。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事