MENU

CLOSE

AGA薄毛治療の育毛メソセラピーとは?治療費や治療期間まで

AGA薄毛治療の育毛メソセラピーとは?治療費や治療期間まで

104views

カテゴリ:AGA薄毛治療について

育毛メソセラピーの効果と副作用

AGAの治療効果について

育毛メソセラピーとは、注射器などを使って頭皮に直接AGA治療薬を注入する治療方法のことです。AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる薄毛や抜け毛原因の約9割を占める症状の治療には、主に発毛効果を持ったミノキシジルや、AGAの働きを弱める効果を持ったフィナステリドなどの治療成分が使用されます。通常はこれら治療成分を含んだAGA治療薬は、内服薬や塗り薬などの形で使用されます。

しかし内服薬だと内蔵を通過した後で頭皮に作用を及ぼすため、治療効果が全身に分散して頭皮に集中しないというデメリットがあります。また塗り薬は頭皮が持つバリア機能に阻害されて、治療が必要な頭皮の毛根付近まで治療薬が浸透しにくいというデメリットがあります。

しかし育毛メソセラピーでは、AGAの治療薬を頭皮の治療が必要な毛根付近に直接届けることができるため、内服薬や塗り薬を使用した場合よりも高い治療効果を得ることができます。また注射器には極細針を使用するため、施術の際に頭皮の痛みが小さくて済みます。

痛みにたいして特に敏感な方にたいしても、頭皮に麻酔剤を塗布することで、ほとんど痛みの伴わない施術が行われます。さらにノーニードル育毛メソセラピーという、電気穿孔法によって注射針を使用せず頭皮の奥深くにAGA治療薬を直接届けることが可能な治療方法も存在します。

副作用を発症しにくい

AGAに対して有効なミノキシジルやフィナステリドなどの治療成分は、多くの場合に内服薬として使用されます。しかし、これらの治療成分が内蔵を通過することで、様々な副作用を発症する可能性があります。例えばミノキシジルには、低血圧症状や多毛症、性欲減退などの副作用があり、フィナステリドには肝機能障害やうつ症状などの副作用が存在します。

しかし育毛メソセラピーでは、AGAの治療成分が内蔵を通過せずに毛根付近まで届けられるため、副作用を発症する可能性が低くて済むことが特徴です。もし副作用を発症する場合も、その多くはミノキシジルが持つ血管拡張や血流改善効果によって頭皮の赤みや痒みが生じるなどの軽い症状がほとんどです。

また、副作用を発症するリスクが小さくて済むことには、育毛メソセラピーを行う前のカウンセリングで医師が患者の体質や体調を調べた上で、育毛メソセラピーで注入する治療薬の濃度を適切に調整したりアレルギー反応が起きる可能性のある成分を除外してくれることも関係しています。

育毛メソセラピーの治療期間と費用

治療期間の長さ

AGAの代表的な治療成分であるミノキシジルやフィナステリドは、患者の体質改善により薄毛や抜け毛を治療する効果を発揮します。たとえばミノキシジルは、血管の修復や生成によって頭皮の血流を促進したり、髪の毛の元になる毛母細胞を増殖させることで発毛を促します。またフィナステリドは、AGAの症状を引き起こす原因物質の生成を阻害することで乱れたヘアサイクルを正常な状態ぶ戻します。

いずれも短期間で効果を発揮することは無く、治療効果を実感するのに最低でも数ヶ月の時間がかかります。そして治療を終えるまでは、頭皮の状態や体質などで個人差がありますが、多くの場合に1年以上の時間が必要です。その期間は施術を行う病院やAGA専門クリニックへ通院する必要があるため、場所によっては通院を続ける手間や交通費が負担になります。

施術には高額の費用が必要

育毛メソセラピーによるAGA治療は、美容目的の治療行為だと判断されます。そのため健康保険が適用されず、治療費は患者の全額負担となるので、育毛メソセラピーの施術には高額な費用が必要となります。支払う治療費は施術を行う病院やAGA専門クリニックによって様々ですが、1回の施術にかかる治療費はおよそ5万円前後が相場とされています。

そして、AGA治療を終えるまでには1年以上の期間がかかるため、総額では数十万円〜百万円を超える高額の治療費が必要となります。また患者が育毛メソセラピーによるAGA治療が有効な体質なのかを判断するまでには、半年程度の期間が必要となります。そのため治療効果が現れない場合でも、それを確認するまでに数十万円の費用を支払うことになります。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事