MENU

CLOSE

薄毛治療中にも使いたい!育毛シャンプーは効果あるの?

薄毛治療中にも使いたい!育毛シャンプーは効果あるの?

96views

カテゴリ:AGA薄毛治療について

育毛シャンプーの効果は頭皮環境の改善

薄毛症状に悩み始めて薬局を訪れると、薄毛対策のコーナーには育毛剤と育毛用シャンプーというものが並んでいます。多くの人が最初に手を出すのが育毛用シャンプーになります。概して、育毛剤よりも育毛用シャンプーの方が、その購入費用が安くて済むことに加えて、同じシャンプーということで現在使っている普通のシャンプーと置き換えることができるため、手軽そうなイメージも手伝っています。

ただ、しっかりと押さえておいてほしいのは育毛を促進して薄毛症状の改善に効果がある薬品はあくまでも育毛剤であるということです。育毛シャンプーに関しては育毛剤の補助として用いるのが正しい使い方になります。育毛シャンプーが持っている効果は主に頭皮環境の改善効果になっており、育毛を促進する効果を持っているわけではありません。

薄毛症状の改善、特にその症状がAGAと呼ばれる男性ホルモンの働きの活性化に起因するものであるならば、その治療には育毛剤を用いることが必須です。最も効果を発揮する育毛剤の組み合わせとしては発毛を促進する育毛剤と男性ホルモンの働きを抑える育毛剤の2つを併用するという組み合わせになります。

特に男性ホルモンの働きを抑える育毛剤に関しては副作用が報告されているため、医師の処方箋がないと手に入れることができません。そのため、AGAクリニックといったようなAGAの治療を専門で行う治療機関を受診する必要があります。

ただ、このようなAGAクリニックで市販される育毛剤や市販の育毛剤の効果を最大限に発揮させるためには頭皮環境がこれらの育毛剤の成分を受け入れやすい状態になっていることが求められます。このような育毛剤が働きやすい頭皮の環境を整えるのが育毛シャンプーの役割になります。

育毛シャンプーに含まれている成分紹介

では、次は育毛シャンプーに含まれている成分についてみていきたいと思います。一口に育毛シャンプーといっても、商品によってさまざまな成分が配合されています。このような成分の中で頭皮環境を整えるうえで効果があるとされており、評判の良い育毛シャンプーで使用されている成分を紹介したいと思います。

まずはアミノ酸系の洗浄成分になります。育毛用シャンプーの中には非常に洗浄力が強いものも存在しています。一見洗浄力が高いことはいいことのように思えますが、結果として頭皮に存在すべき皮脂まで削り取ってしまう結果になります。そのため、逆に頭皮トラブルを引き起こす引き金になりかねません。

この点、アミノ酸系の洗浄成分は肌に優しい洗浄成分として知られており、毎日の洗髪に利用しても問題ありません。ちなみに、このようなアミノ酸系の洗浄成分がふくまれているかどうかは育毛シャンプーの成分の中に「メチルアラニン」、「ココイル」、「ベタイン」といった名前がついた成分が含まれているかどうかでわかります。

続いて配合されているべき成分としては保湿成分を挙げることができます。頭皮に潤いがなくなってしまうと、それによって肌を守るバリア成分が失われてしまします。結果的に肌トラブルを起こしやすくなり、かゆみなどが発生することで、頭を無意識のうちに触ってしまい、抜け毛を引き起こしてしまいます。

このような頭皮の乾燥を防ぐために育毛シャンプーには保湿成分がしっかりと含まれていることも求められます。このような保湿成分としてはアロマオイル、馬油、ホホバオイル、オレンジオイルといったようなオイル系の成分を挙げることができます。

最後は育毛に効果がある天然成分が含まれているかどうかをチェックしましょう。例えば、センブリエキスと呼ばれる育毛成分は頭皮に浸透して血行不良を改善する効果があります。また、甘草エキスという育毛成分はふけやかゆみを抑えて、頭皮環境を改善してくれる効果を持っています。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事