MENU

CLOSE

ひょっとしてAGA?気になる抜け毛の特徴や原因

ひょっとしてAGA?気になる抜け毛の特徴や原因

73views

カテゴリ:AGA薄毛治療について

抜けかたに特徴があるAGAの脱毛の症状

抜け毛の原因はジヒドロテストステロン

AGAの進行は、男性ホルモンの一種であるテストステロンがジヒドロテストステロンというホルモンへと変換されることで起こります。このジヒドロテストステロンは非常に強力な脱毛作用があるもので、さらに髪の毛の核でもある毛母細胞に働きかけて活動を抑制して発毛力を衰えさせてしまうものです。

放っておくとどんどん薄毛の範囲が広がっていってしまいますので、対策のためにジヒドロテストステロンを生み出す原因となる5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害する必要があります。

ただ、人間は通常でも1日に50本から100本程度は抜け毛があり、200程度までならそれほど心配はないものです。シャンプー後や季節の変わり目などには特に抜けやすいものですから、抜け毛が目立つからといって一概にAGAであるとはいえません。

具体的なAGAの脱毛の症状

AGAを疑う場合は、薄毛の症状が表れやすい部位の毛の状態に注目をしておくことが大切です。

  • 額の生え際
  • 頭頂部

男性のAGAの場合、額が後退してきた、頭頂部の薄毛が目立つようになったといった症状が表れたときには高確率でAGAによる薄毛です。いつもよりも抜け毛の本数が増えてきたと感じるようであれば、この2箇所の部位に注目をするようにしてください。

生え際の脱毛によるM字ハゲ

日本人のAGAに多く見られるのが、額がM字に剃り込みを入れるように後退していくM字型脱毛です。抜け毛の量が増えていくことを自覚し始めた時期に、鏡などで自分の顔を見て薄毛が進行していることに気がつく人が多く見られます。比較的早期発見がしやすい部位の抜け毛ですので、気になりだしたら改善のために早めの育毛ケアを行っていくことをおすすめします。

てっぺんハゲは他人に指摘されやすい

AGAは頭頂部も脱毛しやすいのですが、自身では気が付きにくく、他人からの指摘で薄毛を知ったときにはかなり進行している状況になっています。寝起きに枕に残っている抜け毛が増加しますので、早期対策のためにも日頃からチェックしておいてください。また、シャンプー時にも触り心地の変化で気がつきやすいため意識しておくことも大切です。

AGAを発症しやすい生活習慣と抜け毛の原因

ストレスを抱えている人

仕事や人間関係でストレスを抱えている人も多いでしょうが、血行不良や自律神経の乱れを生じて頭皮状態が悪化しやすくなり抜け毛が増えます。血行が悪くなることで頭皮が硬くなり、発毛に必要な栄養が行き渡らなくなるのです。

遺伝的な影響も大きいAGAの発症リスクですが、後天的な要因も少なくなく、ストレスは簡単に排除できないことから抜け毛を増やし、薄毛の症状を進行させるかなり大きな原因になっています。

食生活の乱れ

ファストフードや外食を好む人は濃い味付けや脂っこい食事に慣れてしまい、皮脂の分泌過多に陥りやすい傾向にあります。これは毛穴詰まりの要因となり、抜け毛を増やすものです。また、お酒が好きなかたは飲みすぎてしまう傾向にあり、少量なら血行促進に役立つアルコールも過剰摂取で血行不良の原因になります。

タバコを吸う

ニコチンは血管を収縮させ、毛細血管に栄養が行き渡らなくなります。毛髪の生成に欠かせないビタミンも破壊してしまうため発毛せず、弱った髪は抜け落ちるようになってしまいますので、どんどん薄毛が進行します。

抜け毛を減らして薄毛の進行を食い止めるためにできること

まず、抜け毛が気になりだしたら早めにAGAクリニックに診察してもらうことがおすすめです。薄毛の症状が深刻になればなるほど高い治療費用がかかるようになりますし、軽度の薄毛程度であれば治療に掛かる期間も短く済んで発毛効果も表れやすくなります。副作用の心配をしながら強い薬を使う心配もありません。

  • 栄養バランスの取れた食事を摂る
  • 適度に運動して代謝を高める
  • アルコールを飲みすぎない
  • 禁煙をする
  • 育毛シャンプーや育毛剤を使って日頃からケアをする

治療と同時に、薄毛の進行を食い止めるためにもこうした努力が必要です。抜け毛が目立ち始める前から予防のためにも気をつけていってください。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事