MENU

CLOSE

プロペシアはAGAの予防に効果があるの?AGAの予防を考える

プロペシアはAGAの予防に効果があるの?AGAの予防を考える

50views

カテゴリ:AGA薄毛治療について

プロペシアを飲んでいればAGAの予防はできるの?

9f2ee30564e613bd42a3d42722c87ab5_s

AGAという病気は知らないうちに男性ホルモンの活発化が進んでいき、いつの間にか薄毛になってしまうというものになります。もちろん、薄毛になってしまってからでも育毛する方法はあります。ただ、AGAの治療をAGAクリニックで行う場合も、自分自身で育毛剤を用いて行う場合でも、ある程度の費用は覚悟する必要があります。

また、やはり育毛効果が出るまでは時間がかかるため、それまでは薄毛の状態のままで生活することになります。したがって、出来ることなら、AGAによる薄毛症状が発生すること自体を防ぎたいものです。このようなAGAの薄毛症状を予防する方法はあるのでしょうか。

そもそも、AGAという症状は男性ホルモンの活発化が進むことにより、体内にジヒドロテストステロンという物質が発生することにより引き起こされます。したがって、AGAの予防ということを考えるなら、この男性ホルモンの活発化を抑えるという方向性で考えていく必要があります。男性ホルモンの活発化を防ぐための手段としてはプロペシアという育毛剤を服用する方法があります。

このプロペシアというのはAGAクリニックにおいてもAGA治療のために用いられている育毛剤です。このプロペシアに含まれているフィナステリドという成分が男性ホルモンを抑える効果を持っています。このプロペシアをAGAの予防のために服用するというのは効果があるのでしょうか?

結論から言うと、AGAによる薄毛症状が発生していない段階からプロペシアを服用することはAGAによる薄毛症状が発生することを予防する効果があります。プロペシアを服用していることによって、男性ホルモンが活発化することを防ぐ効果が期待できるためです。結果として、AGAによる薄毛症状を起こりにくくすることができます。

また、プロペシアを飲んでいるという安心感がストレスの軽減につながり、ストレスによって薄毛が発生するのも予防する効果があります。AGAという病気は遺伝が強く関係すると言われています。したがって、父親が薄毛、父方・母方どちらの祖父についても薄毛といったような場合には本人にもAGAの症状が発生する可能性が高いということができます。

そのため、このような家系で薄毛の親族が多いというような人はAGAによる薄毛症状の予防のためにプロペシアを飲んでおくのは効果的でしょう。実際、AGAクリニックの中にはAGAの予防のためにプロペシアと飲むことを推奨しているクリニックも多く存在します。

AGAの予防としてプロペシアを飲むリスク

7aff1b7f8340a34120ea88c627356079_s

ただ、このプロペシアという育毛剤は副作用があることでも知られています。プロペシアという育毛剤がその抜群のAGA治療効果にもかかわらず、市販されずに医師の処方箋が無いと服用することができないのはこの副作用のリスクが存在することが原因となっています。この副作用に関してはAGAの予防としてプロペシアを服用する場合にも注意が必要になります。

プロペシアの副作用として知られているものの代表例として精力の低下があります。具体的には性欲減少、勃起不全、精子の減少といった問題が発生します。このようなプロペシアの副作用についてはプロペシアを服用している人の2〜5パーセント程度に出るとされており、若い男性の場合には特にプロペシアでAGAを予防する場合には精力の減少に注意が必要です。

また、妊娠中の女性の体内にプロペシアが取り込まれてしまうと胎児に深刻な問題が出る場合もあります。プロペシアの錠剤を服用しなくても指でつかんだだけで、プロペシアの成分は女性の体内に侵入してしまいます。したがって、奥さんが妊娠を希望しているといった場合にはプロペシアを使用するのは絶対NGになります。プロペシアを予防で用いるのであれば、このような事柄に注意して服用するようにしましょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事