MENU

CLOSE

効果的な薬に副作用は当たり前?プロペシアを使う際の注意点とは

効果的な薬に副作用は当たり前?プロペシアを使う際の注意点とは

43views

カテゴリ:AGA薄毛治療について

AGAの治療にプロペシアはなぜ必要なのか

 

プロペシアは医学的に育毛効果があると証明されている

AGA,薄毛治療で費用をかけてAGAクリニックを受診した際に、治療のベースとなる薬がいくつかあります。その一つがプロペシアです。ではなぜAGA、薄毛の治療にプロペシアが必要なのでしょうか。その理由はプロペシアの持つ育毛効果です。

医学的に育毛効果が証明されている薬はそこまで多くありません。そんな中でもプロペシアは、医学的に育毛効果があることが証明されているのです。その為、AGAクリニックの治療でも積極的に取り入れられているのです。

プロペシアは誰もが使える薬ではない

前述したように、プロペシアは医学的に育毛効果が証明された、AGA治療には欠かせない薬の一つです。しかしながら、プロペシアは誰もが使える薬ではありません。ではどのような立場の人が、プロペシアを使うべきではないのでしょうか。

  • 薄毛や抜け毛で悩む女性

薄毛の悩みは男性にだけある悩みではありません。実は女性も男性と同じように、ある程度の年齢を重ねれば薄毛や抜け毛に悩む場合が少なくありません。実際に女性用かつらの需要があるように、女性も抜け毛で悩んでいるのです。しかしながら、このプロペシアは女性には使えない薬です。

何故なら、プロペシアは男性ホルモンに対してアプローチするものだからです。仮に女性が使った場合、育毛効果は期待できず、副作用のリスクだけが伴うことになります。その為、女性で抜け毛の治療をする場合は、プロペシア以外の治療法を検討することが大切なのです。

  • 若ハゲに悩む成長期の男性

薄毛やAGAの悩みは中年期の男性だけが悩んでいるわけではありません。高校生や大学生で薄毛となってしまう場合もあるのです。しかしこういった成長期の男性はプロペシアを使うことができません。

なぜなら、プロペシアは男性ホルモンを強く抑制するからです。成長期に男性ホルモンを抑制すれば、男性機能の発達に悪影響が及ぶ可能性を拭いきれません。その為、成長期で薄毛に悩む場合でもプロペシアの治療は成人してから使えるものだと認識しておきましょう。

このようにプロペシアは誰もが使える薬ではないので注意が必要です。そしてどんな薬にも副作用が伴うように、プロペシアにも副作用が伴います。ではプロペシアにはどのような副作用があるのでしょうか。その詳細を次に紹介します。

プロペシアの副作用を理解しよう

男性機能が低下して勃起不全が起きやすくなる

プロペシアの副作用には勃起不全が起きやすくなる、ということがあります。その理由はプロペシアには男性ホルモンを抑制する効果があるからです。男性ホルモンが抑制されることで、男性器の勃起機能が低下しやすくなってしまう可能性があるのです。

性行為への欲求が減退する

プロペシアは長期的に使用することで、育毛効果が期待できますが、長期的に使えば使う程、性欲が減退する可能性も高まります。特に妊活中でなければ問題ないかもしれません。しかし子供を作ろうとしている時期であれば、他の治療法も検討すべきだといえるでしょう。

精神が不安定になり鬱症状になりやすくなる

一般的に過度なストレスが重なれば鬱となるリスクは高まります。それと同じようにプロペシアを飲み続けると、副作用として鬱症状になるリスクが高まります。

不妊になりやすくなる

男性ホルモンの抑制は精子数の減少を引き起こすリスクがあります。したがってプロペシアは長期的に服用すると不妊になるリスクが高まるといえるでしょう。

このようにプロペシアには副作用が伴うので、使用する際は医師の指示に基づいて活用することが欠かせません。医師の管理下であれば万が一副作用の疑いがある症状が起きたとしても、すぐに相談できるから安心ですよね。プロペシアをAGA治療に取り入れる際は、医師の指導をしっかりと守りながら服用しましょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事