MENU

CLOSE

頭皮の環境整備・皮脂の過剰分泌防止に!お風呂・シャンプーの注意

頭皮の環境整備・皮脂の過剰分泌防止に!お風呂・シャンプーの注意

106views

カテゴリ:AGA薄毛治療について

薄毛の人がお風呂で注意すべきポイント

男性が薄毛に悩んでいる場合にはほとんど確実にAGAという症状がその原因となっています。AGAという症状は男性ホルモンの働きが過剰になることによって引き起こされる薄毛症状です。

根本的な治療を行うためには男性ホルモンを抑える育毛剤を医師から処方してもらう必要があるため、AGAクリニックのようなAGA専門のクリニックを受診することがおすすめです。ただ、AGAクリニックで治療を受けて、育毛剤を処方してもらう以前に自分自身の生活習慣の中で薄毛症状を悪化させるようなものがあれば、しっかりと改善しておく必要があります。

まず、薄毛の人が意識したい習慣としてはお風呂の入り方があります。最近はお風呂に入らずにシャワーだけで済ますという人も多くなっていると聞きます。しかし、このシャワーだけで済ますという習慣は育毛を考えた場合にはNGです。お風呂に入ることは体内の血行を良くする効果があります。

体内の血行が良くなると、頭皮への血の巡りもよくなり、自然に栄養分が髪の毛に供給されるようになります。ただ、シャワーだけで済ませてしまうと体がしっかりと温まらないため、血行が良くなることは無く、育毛に効果的ということはできません。そのため、育毛を考えるのであれば、しっかりと湯船につかるようにした方が効果は高くなります。

また、お風呂に入る場合気を付けたいのはお風呂の温度と入浴時間です。体をしっかり温めることが出来るお風呂の温度と入浴時間の目安は42度以上のお湯であれば5分以内、40度前後のお湯であれば10分前後になります。ただ、冬場の寒い時期に体が外で冷えた場合には30分程度入浴した方が良い場合もあります。

加えて、たまに朝にお風呂に入るという人も見かけますが、朝にお風呂に入るのはおすすめしません。濡れた髪の毛のまま外出すると髪の毛はダメージを受けやすくなるためです。したがって、お風呂は基本的に夜に入るようにしましょう。

薄毛の人がシャンプーで注意すべきポイント

続いて薄毛の人がシャンプーをする際に注意するポイントについて見ていきたいと思います。まず、最初に意識したいのは薄毛の人は抜け毛を減らすために最適なシャンプーをチョイスするべきだということです。

市販されているシャンプーでテレビコマーシャルなどを頻繁に行っているシャンプーを知名度から購入してしまいそうになりますが、実際にはこのようなシャンプーは非常に洗浄力が強く抜け毛の症状に悩んでいる人には逆効果になるものも少なくありません。特にシャンプーの裏のパッケージをチェックして、ラウリン硫酸、ラウレス硫酸、スルホン酸といった成分が配合されているシャンプーは避けた方が良いでしょう。

このようなシャンプーは石油系と呼ばれており、洗浄力が強く、頭皮への刺激がかなり強いというデメリットがあります。抜け毛に悩んでいる人であればアミノ酸系の無添加シャンプーを使うのがおすすめになります。

また、シャンプーをするときはその洗い方にも注意が必要です。爪を立ててごしごしと洗ってしまうと頭皮を傷つけることになり逆効果です。シャンプーで洗髪するときは指の腹を使って頭皮を傷つけないようにして洗うのがポイントになります。

そして、シャンプーをした後はしっかりとすすぐようにしましょう。このすすぎが不足して、シャンプーが髪の毛に残ったまま就寝すると、髪の毛のトラブルの発生原因になります。きちんとすすぎを行ってシャンプーを洗い流すということはしっかりと意識しましょう。

上記ではお風呂・シャンプーを例として、生活習慣の改善について見てきました。生活習慣の改善は費用も掛からず、副作用の心配もないお手軽な育毛対策になります。まずはお風呂・シャンプーの習慣を見直すようにしましょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事